デリケートゾーン 洗い方

デリケートゾーンの正しい洗い方!正しく洗って臭い解消

デリケートゾーンを正しく洗っているでしょうか。

 

体の洗い方というのは、これが正しいというひとつの正解があるわけではありません。

 

しかしデリケートゾーン洗うときには注意するべき点があります。

 

デリケートゾーンを自己流に洗ってしまうとせっかく石鹸をつけて洗っても、洗浄効果が弱くなってしまったり、刺激を与えてしまったりといいことがありません。

 

そこでこのページではデリケートゾーンの正しい洗い方ぞデリケートゾーン石鹸の使い方について紹介したいと思います。

 

デリケートゾーンを注意深く洗わないといけない理由

なぜデリケートゾーンを注意深く洗わないといけないか、についてなのですが、デリケートゾーンが弱い所で顔のように、念入りに丁寧に洗わないといけないからです。

 

丁寧に洗うことでデリケートゾーンの粘膜に起こるかゆみなどのトラブルそして臭いなどを解消することができるからです。

 

女性なら誰しも顔のお手入れはやさしく行っていると思います。

 

デリケートゾーンもそれぐらい優しく洗ってあげないといけません。

 

例えば顔を洗うときにナイロンのタオルでゴシゴシと洗っている方はあまりいませんよね。

 

こんな洗い方をすると肌が弱ってガサガサになって、化粧のりも悪くなってしまいますのでそんなことはしていないと思います。

 

優しく手で洗っていると思います。

 

しかしデリケートゾーンとなると、タオルでゴシゴシこすっていたり雑に洗う方がいたりとお手入れが行き届かない方も多いです。

 

そのような洗い方をしていると汚れが落ちなくて、デリケートゾーンの臭いの原因になったり、もっと深刻になると細菌が繁殖してしまうような状態になったりトラブルのもとになります。

 

ですのでここではどんなところに注意すればいいのか、というところを紹介したいと思います。

 

石鹸をそのままデリケートゾーンに塗らない

まず一つ目に注意しておきたい所はデリケートゾーンを洗う時には石鹸などをそのまま塗りたくってはいけないということです。

 

デリケートゾーンに原液を塗りたくると、しっかり泡が立たずに汚れが落ちなかったりなかなか洗い流せずに石鹸が残ってしまったりということがあります。

 

そうすると毛穴がふさがってしまいニキビのようなものができたり、黒ずんで見えたりというトラブルが考えられます。

 

石鹸をそのままつけるというのは、刺激が強くアルカリ性の石鹸であればいいひとし見るかもしれません。

 

お風呂出た後、デリケートゾーンが熱くなっている場合はそんな刺激が起きているのかもしれません。

 

それではデリケートゾーンはどうやって洗ったらいいかというと手で泡立ててその泡を使って洗うということです。

 

顔を洗うときや髪の毛を洗うときと同じですよね。

 

ネットなどを使って泡を良く例えばすごいずに洗うことができます。

 

そうすれば洗い残しもなくなりますし、隅から隅まで綺麗に洗い流すことはできます。

 

デリケートゾーンではどうやって洗うのかというと

デリケートゾーンを洗う方法

デリケートゾーンはタオルや手で直接洗わないようにしましょう。

 

といってもほとんどの女性はタオルや手を使って洗っていると思います。

 

タオルを使うと優しく洗ったつもりでも、タオルの繊維がデリケートゾーンに当たってしまい刺激になってしまいます。

 

そして手で洗った場合も爪などが引っかかってデリケートゾーンが、チクチクしたりするなどトラブルが起こってしまいます。

 

ですのでデリケートゾーン洗うには泡を立てて泡をパックするようにしたほうがいいのです。

 

もし汚れがこびりついていて、どうしても気になる時は指先で爪を立てて洗うのではなく指の腹で優しく撫でるような洗い方をすると綺麗に出来ます。

強いシャワーで洗わない

 

 

ここまででデリケートゾーンを泡で洗う方法を紹介しましたが、ここからはデリケートゾーンの石鹸を洗い流す方法を紹介したいと思います。

 

デリケートゾーンというとお風呂場の中のお湯を使わずにシャワーを当てて流している方が半分以上いるのではないでしょうか。

 

風呂場に入っている水は何となく汚い感じがしますし、シャワーから出てきた水の方が綺麗に洗えると思うからです。

 

しかしデリケートゾーンの刺激を考えると、直接シャワーをあてて流すというのはあまり良くありません。

 

特に生理中のような敏感になっている時ではシャワーを直接当てるととても刺激が強すぎます。

 

そして痒い時などには熱いシャワーを当てるだけでものすごく早くなってしまいます。

 

それ以外にもシャワーを当て当てない方が良い理由があってそれは膣の中に水が入ってしまうかもしれないということです。

 

勢いが強すぎて膣の中に水が入ると、膣の中にいる善玉菌の働きが弱くなって雑菌などが繁殖してしまうかもしれません。

 

ではどんな方法で洗い流せばいいのかというと、手桶で汲んだ水をお腹に当てて少しずつ洗い流す、それ以外ではシャワーをお腹の所に当てて流れていく水で優しく洗うそのような洗い方が正しい洗い方です。

 

これは婦人科の先生が紹介している洗い方でこれが一番ベストな方法なんだそうです。

 

それ以外にもシャワーの水の温度についても注意が必要です。

 

温度は人肌ぐらい37度から38度ぐらいで洗った方がいいです。

 

風呂の設定が41度42度になっている人もいるかもしれませんが、それは少し高すぎます。

デリケートゾーンの正しい洗い方のまとめ

デリケートゾーンのにおい対策のまとめを紹介します。

  • 石鹸は泡立てて使うこと
  • そのまま直塗りしないこと
  • 泡立てた泡を優しくマッサージするように塗ること
  • 泡を洗い流す時はシャワーや手桶でお腹の所から流して洗うこと
  • そのまま強い力で洗わないこと

このようにデリケートゾーンの本当に良い洗い方というのは、少々面倒で多くの方は毎日やるのは大変だなあと思うと思います。

 

しかしいつもしないといけないというわけではなく、生理中などの敏感になっているときや、vioの脱毛していて肌が弱ってる時、そんな時だけやるだけでもいいのです。

 

そしてデリケートゾーンに何らかの不具合があって、きちんと洗っているのにどうしておかしくなるのかなと思う時に、このような洗い方をしてみるといいかもしれません。

 

デリケートゾーンというのは名前の通りとても敏感なところですので、この風に優しく扱わないといけません。

 

顔と同じように優しく扱ってあげましょう。